[新築] 姫路市 I様邸(高い制振性を確保した木造住宅) 父・母・子3人

敷地面積
309.05㎡
延床面積
181.51㎡
着工
H26.3
竣工
H26.9
工法
木造軸組在来工法
外壁
モルタル下地吹き付け仕上げ
屋根
洋風平板瓦葺き
断熱材
ウレタン吹き付け
壁の仕上げ
漆喰塗り+クロス仕上げ
床の仕上げ
無垢の杉の板貼り
天井の仕上げ
無垢の桜の床板+バーチの床板
内装建具
オーダー建具+ソフトアート(ウッドワン)
設備
制震ブレース(Go-ta)

「この人なら、永く住む家を任せられると想える人柄を感じた。」(I様の声)

「人間は自然と一緒に過ごすのが本来の姿。木に包まれる場所(家)は、やはり大工さんに建てて欲しかった。」
このような気持ちのIさんの木に対するこだわりにお応えしてその夢を井藤工務店が実現しました。当社は近年では珍しくなってきたヒノキの大黒柱LDKに設け、玄関スペースも杉の腰板、ケヤキの床などが漆喰の壁と美しく調和。隅々まで和の意匠でありながら、現代の生活スタイルに調和させてどこかモダンな雰囲気になっています。

姫路市I様邸

本格的な和室を造りたいというご要望にお応えしました

Iさんがどうしても造りたかったのは、本格的な和室。ぽかぽか日向ぼっこできる松の床板の縁側をつけました。そして、リビング側のふすまもオープンな引き戸にして普段使いもできるように仕上げ、来客時の利用にも使いやすいように玄関側にもドアを設置しました。

姫路市I様邸和室

木の美しさが感じられる素材を選定

繊細な木目のアカスギを使った長押(なげし)、床柱、アカスギを市松模様に貼った引き戸など、木の美しさを知るたくみのセンスと技術が行きています。

姫路市I様邸宅和室の格子の戸

3枚のふすまの溝のこだわり

和室の3枚のふすまは閉めた時に行き過ぎないように溝が掘ってあります。3枚ともきれいに収まるようにしてあり、井藤工務店の大工が現場で丁寧に作り上げました。

姫路市I様邸3枚の引き戸の加工

老後も考えた設計、長く使えるように耐久性を考慮

全室引き戸にしてトイレも広めに確保したのは、数十年後の暮らしを考えた奥様のリクエストです。LDKの無垢の床板も、実際に水やソースを垂らして検証して、汚れにくいものを選定しました。

姫路市I様邸広いトイレ

暮らしを守る制振システム「GOTA」を導入

ご家族の暮らしと経年変化を楽しめる木の家。その木の家で長く安全に過ごしていただけるように、「GOTA」と呼ばれる制振システムを導入しました。このGOTAは摩擦ダンパーの働きで、建物の変形を抑えて地震の揺れにできるだけ耐えられるようにするものです。

制振ダンパーGOTA

「施主様にきっちりとした考えがあったから、プランニングしやすかったです」(I様の声)

勝手口には、裏の畑に来たお母様が休憩できるようにしたいという要望など、数多くの要望があり、それにひとつひとつ、できる限り対応を行うことで、施主のI様の理想に近づけることができました。I様のように、暮らし方についての希望を普段から考えておくと、家づくりのタイミングで役立つと思います。

姫路市I様

井藤工務店スタッフ

This error message is only visible to WordPress admins

Error: Access Token for ito.koumuten is not valid or has expired. Feed will not update.

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.