大工と施主の二人三脚

こだわりの住まいの実現
カギは「二人三脚」

家族がより元気にいきいきと暮らせる住まいづくり、「夢」をかなえる住まいづくりをお客様の納得がいくまで是非提案させていただきたい。
そして、納得がいく住まいの完成をお手伝いさせていただきたい。そして、住むほどに味わい深く変化していく住まいをお客さんの傍でサポートし続けていきたい。

あえて営業を置いていません

井藤工務店では、あえて「営業」だけを担当する人をおいていません。
それには、わけがあります。

こだわりを形にしていくためのプロセスとして、現場を知る者がお客様と直接話を進める事が最も大切だと考えています。

施主様とともに家を作ろうとした場合、打ち合わせでは必ず、「こうしたい」というお客さまの想いが沢山出てくるものです。勿論お客様の頭の中でしっかりと固まっているものもあるかと思いますが、直に話を専門家と交えていくことで膨らんで生まれてくる新しく家のイメージというものもあるかと思います。

井藤工務店では、打ち合わせの時間は完全にお客様と共にあります。何回でも何時間でも、細かく丁寧に話を伺い、お互いにすっきりするまで打ち合わせを行います。この手間を惜しみません。

打ち合わせの中で出てきたイメージや悩みの多くは、職人の技術や家の構造など現場を知る者にしか応える事のできないものです。お客様の想いに対して、営業がよく言う「事務所に帰って、できるかどうか聞いてきます」といったことが、井藤工務店ではありません。現場の者が営業をするので、例えば、「そのイメージを形にするのは構造的に難しい。だったら、こうしてはどうか」など、その場で直ぐに応える事が出来ます。
だからこそ、よりこだわりを形にするための充実した打ち合わせの時間になるのです。

大工だからできる提案、大工にしかできない提案

家族の家づくりへの熱い想いに応えるには、企業視点での製品や工法の提案だけでは足らないと思っています。

一人の大工として、共に地域に生きる隣人ならではの視点で、「新しい命のように育む住まいづくり」を大切にしながら家づくりへの想いに応えていきたいと思っています。

例えば、井藤工務店ではそれぞれの土地土地の地質や環境に応じたよりよい「家のおさまり」をお客様に提案することが出来ます。
「家のおさまり」といってもピンとこないかもしれませんが、これは「家の構造や機能をしっくり土地に組み込むということ」です。
その土地の風土に合った安心の住まいを建てるうえでこの「家のおさまり」は大変大切であると考えています。
ですので、実際にその土地に家を施工した場合におきそうな問題点をあらかじめ見当をつけたり、完成に向かって施工がスタートした後に出てきた変更した方がよい点にすぐに対応したりすることができます。
これは、はめこみや組み上げ方式で建てる工法では提案することのできないものであり、現場を数多く踏んできている大工だからこその長年の経験がなければ提案できることではありません。

また、こだわりの住まいのより完成されたイメージを持っていただけるように、パソコンで3D画像を出すのは勿論のこと、打ち合わせで出てきたお客様のイメージを画で表現したり、手に取り間取りを確認していただけるよう模型を制作したりと、一軒一軒気持ちを込めてプレゼンテーションさせていただいています。
また、納得がいくまでとことん寄り添い提案させていただいています。

これが弊社の自信をもった提案スタイルです。

建てた人の顔の見える工務店

家をつくるのは人ですが「人をつくるのも家」と言われています。

家は単に「建物」というだけでなく、人が暮らす場所であり、家族の心とからだを育む場所となります。だからこそ、しっかりとした安心や安全を得たいと思うものです。

井藤工務店は「ひと」として、「つくり手」として、日々、お客様の悦びを自らの悦びと感じ、家づくりに正直に向き合っていきたいと思います。
そう思った時に、「この家は○○さんが建てた」「この家は○○棟梁が建てた」と、実際に建てた人の顔や人柄が思い浮かぶのが一生の安心や安全につながると思っています。「この家の営業は○○さんだった」や、「この家を設計してくれたのは○○さんだった」ということではなく、プレゼンテーションから実際に関わり、実際に家を建てた大工とつながりを持っていただいた方が、「なにかあれば、○○さんが、○○棟梁がなんとかしてくれる」と、相談すれば応じてくれるといった安心感を傍に感じていただけると思うのです。
これは、大工と一体感のある工務店でなければ見えないものであり、得れないものだと考えています。

「実際に家を建てた人の顔の見える工務店」それが弊社の目指す安心や安全です。

この家の木材は私が選んだ

井藤工務店では、本物の目利きが選びぬいた材木がたくさんあります。

人ひとりひとりが違うように、材木も表情がひとつひとつ違っています。

さらに、「大黒柱はこの木がいい」とか、「家の顔になる魅せる木はこの木がいい」と、施工までに施主様が実際に見て一緒に選んでいただくことが出来ます。
施工する日に突然運ばれてくるモノとは違い、自分の目で見て選ぶことは安心を買うだけでなく、「自分で選んだ」という家に対しての愛情も湧きます。
商品を見て触れて選んで買う購買のスタイルは昔から変わりません。
勿論、施主様が木材(材料)に関しての玄人さんとは限りません。
素人さんの場合も私たちと一緒にひとつひとつの木の特性や特質などの知識を分かち合いながら見ていただけますので、より安心して選んでいただくことが出来ます。

また、家に使う材木全てを見たり選んだりするのは難しいので、といった施主様も大丈夫です。
目利きの知識、施主様に見せる事のできる選び抜いた自信ある木材できちんと説明し、適材適所の木材を選定し、施工させていただきます。

@ito.koumuten