[お知らせ] O様邸の材料をきざんでいます 職人の手仕事(姫路市船津町)

更新日時: 

職人の「きざみ」をご覧ください

O様邸の材料を手刻みで刻んでいます。構造材には、桧や地松(国産の松)を使用し、職人が墨を付け加工します。まもなく加工も終盤になる頃です。

きざみとは?

大工の仕事の中で墨付けと並んで重要なものの一つがきざみです。長さを測って墨付けで目印をつけた木材を、その目印の墨に沿って加工を行います。木のねじれや狂いを確かめながらの作業で、一般的な工業製品を加工するように加工できるわけではありませんので、精密に行う場合はこのように手作業になります。手で行うので、大工の想いがしっかりと込められています。

ご覧になりたい方に公開をしています。

もし、職人の手仕事をご覧になりたい方は、問い合わせフォームかお電話でご連絡ください。大工になりたいお子様でいらっしゃれば、とても素敵な思い出になると思います。
担当:井藤(いとう)、奥山(おくやま) TEL:079-264-2123

This error message is only visible to WordPress admins
This endpoint has been retired

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.